戯曲&DVD

HOME | 戯曲&DVD

Dotoo!で上演した戯曲や、公演のDVDやブルーレイ、グッズ等をOfficialSHOP(外部サイト)にて販売しています。
*クレジットカード決済が使えるようになりました。
*Do-nuts!会員の方は【お支払い方法】の画面でDo-nuts!会員番号を入力して下さい。購入価格から10%オフとなります。
 

 
*戯曲の上演に関しては作者の許可が必要です。お問い合わせ下さい。

販売中の戯曲・DVD・Blu-ray

  (上演台本 戯曲本 ダウンロード台本 DVD Blu-ray)

『三角で四角なマル』 

芝居とショートムービーのユルーく繋がった物語三本立て!

・舞台『ルージュとピストル』・ショートムービー『盗難喫茶』・舞台『会議の法則』

人との繋がりが一番よくわからない今の時代におくる愛すべき人々の、バカで楽しくてピリッと刺激的な物語。

今の時代を切り取る珠玉の三本です!(◆登場人物:10人)

『紙とダイヤモンド』

(改定した2020年上演版です)

ウエディングアドバイザーのもとに集まってくる結婚を決意したカップル達。肉親に反対されているカップル、結婚詐欺師にだまされた女、葬儀屋との結婚を解消しようとする落語家の女、ゲイのカップル。しかし実は一番アドバイスを必要としているのはウエディングアドバイザーの夫婦だった……。(◆登場人物:15人)

『月にむら雲 花に風』

カジノができた日本、その近くに店を構える質屋と占いが同居する風変わりな店が舞台。店を裏で仕切っているのは姿を見せない百歳越えの祖母で、店を任されているのは元ヤクザの孫。その店長の元に、どうしようもない性格のかつての組長が匿って欲しいとやって来た‥‥。

カジノと元ヤクザと家族、その再生の物語。(◆登場人物:11人+声1人)

『此処で逢ったが百年目』 

詐欺にあって父親の会社を潰された家族が、偶然詐欺師をみつけて復讐を計画。とはいってもそこは素人。闇の世界の仕事人だと思って頼ったのが、実はその手の小説を書いている作家だった。ところがどこか抜けてるこの家族は作家と気づかず。作家も小説だと思ったまま。すれ違いながらも妙に噛み合うふたつの思惑。勘違いが勘違いを呼び、はたして復讐計画の行方は‥‥(◆登場人物:8人)

『捜索隊、南へ』   

霧深い森にある休憩のための小さな山小屋が舞台。そこに集まってきた四組の面々。失踪した父親を探す娘と恋人や父親の知人達。何かを探している刑事二人。いなくなったペットを探している女社長と霊能力者。生き物を探しているらしい謎の二人組。それぞれの思惑が霧で閉ざされた山小屋であらわになり、組み合わさることによって、色々な真相が見えてくる。そして彼らが本当に探している物が明らかに‥‥。(◆登場人物:13人)

『一秒と英雄』    

受け継がれた遺伝子によって一秒だけ変身して特殊な力を使うことができる、先祖代々歴史の陰で闘ってきた誰も知らないヒーローがいる不動産屋の父親。本人しか知らない口外してはいけない能力が一族の誰かへと受け継がれた時にようやくその使命は終わる。ただ、誰に受け継がれるかは本人にもわからないから困ったもの。さらにそんな使命を引き継ぎたくないと思っている家族ばかり。誰に受け継がれるのか、どんな能力なのか?ヒーローでいるより親でいることのほうが難しい‥‥(◆登場人物:10人)

『よいやさのさっ!』 

地方の秋祭りが舞台。祭りのために生きているような地元の人間と、このためにわざわざ帰省してくる人たち。しかし大切な高欄幕が破れているのに気付いた世話役二人。バレたら自分達の責任だと黙ってなんとかしようと悪戦苦闘。伝統ある秋祭りも様々な事情をかかえていて問題は山積み。ハレの日を迎える様子を祭りの準備を通して描く。(◆登場人物:13人)

『にぎやかな地図』  

歌舞伎町のような繁華街である黒服が殺された。しかし死体が消える。いったい誰が殺したのか、誰が隠したのか‥‥。嘘だらけの世の中とろくでもない登場人物達。いくつかの物語がオムニバスのように進む中で、その真相が見えてくる。(◆登場人物:12〜13人)

『閻魔さまさま』   

両親が他界し、誰も住む者がいなくなった実家。相続問題も片づき、残るは家の片付けのみ。だが、そこに集まったのは片付けられない人達だった。自分の物でもなかなか片付けられないのに自分の親が遺したモノならなおさら。残すか捨てるか‥‥親のモノを捨てるということは、親を否定する気分。さらにまとわりつく記憶と思い出が判断を鈍らせる。ズバッとジャッジしてくれる人がいたらどんなに気楽か。ささっと決めてくれる人がいたら人生はどんなに安穏か。この片付けは、想いを巡る家族の冒険の物語だ!(◆登場人物:16人)

『キネマの神さま!』

この映画の撮影が終われば取り壊しが決まっているスタジオで、女性監督が悩んでいた。制作側から無理な要求を押し付けられ、シナリオの変更を余儀なくされていたのだ。そんな監督の目の前に、亡くなった祖父ととともに日本映画全盛期の監督達が現代人の体を借りて現れる。一緒に悩みを解決してくれるというのだが、一癖も二癖もある連中は、誰もが死んでも監督、個性のカタマリ。逆に振り回されてしまい、若い助監督やプロデューサー補も巻き込んで、事態は余計にややこしくなってゆく。はたしてクランクインすることはできるのか‥‥。(◆登場人物:22人)

『ロウバジェット』

低予算映画のスタッフルーム。プロデューサーは頑固な監督やスタッフ、我儘な女優達を相手に日夜悪戦苦闘している。そんなある日、スポンサーが降りるという話が飛 び込んできた。このままでは撮影中止になる。映画を完成させるためプロデューサーが考えた方法とは…。ラストのどんでん返しが心地よいバックステージストーリー。(◆登場人物:15人)

『おいないさん』     

地方の秋祭りが舞台。祭りのために生きているような地元の人間と、このためにわざわざ帰省してくる人たち。しかし大切な高欄幕が破れているのに気付いた世話役二人。バレたら自分達の責任だと黙ってなんとかしようと悪戦苦闘。伝統ある秋祭りも様々な事情をかかえていて問題は山積み。ハレの日を迎える様子を祭りの準備を通して描く。(◆登場人物:14人)

『ヒミツはざわめく』   

「八丈島の近くにある東京都の小さな島、御島。その島の小学校は二十年前に統合によって廃校となっていた。その小学校で学んでいた生徒達が、記念に埋めたタイムカプセルを掘り出すために久しぶりに集まった。小学校時代に戻って楽しそうな仲間達。しかし、その仲の良さの裏側には、誰にもいえない秘密があった。そして、タイムカプセルからは、皆の未来を予測してあるノートが見つかる。しかも、それは皆のこれまでの人生を言い当てていた。さらにそのノートを書いたのは、何年も前に亡くなった女生徒だった‥‥」笑っているうちに怖くなるミステリーコメディー。(◆登場人物:13人)

『お産と遺産』      

病院の待合室で繰り広げられる関連のある二話のオムニバス。小峰一家の物語。・妻の出産に立ち会う夫。だが彼には大きな悩みがあった。それは長期出張だった彼には身に覚えが無いということ…。・父親が危篤状態に陥り集まった娘達と間抜けな息子。身勝手な彼女達が遺産を巡って家族の結びつきを取り戻してゆく…。『お産と遺産』はDotoo!の作品群の中でも出色のキャラクターである「お兄ちゃん」が活躍する「お兄ちゃんシリーズ(◆登場人物:11〜13人)

『みえちゃったりする』  

不動産屋の女が空き部屋に案内してきたのはどことなく不思議な感じのする女。その女がこの部屋には幽霊がいると言い出した。見えない幽霊をはさんで、なんの関係も なさそうな二人が次第に結びついてゆく。見える女と見えない女の怖くておかしい物語。(「みえちゃったりする」は福田がクラックラックに書き下ろした作品です)(◆登場人物:2人)

『ソコマデイウ』     

新進気鋭の文学作家とレディースコミックにエッチな漫画を書いている漫画家。正反対の性格の二人は、いつもケンカになるのだが、その日のケンカはいつもと違っていた。女性の友情を痛いくらいの密度で描いた90分間のバトル。(「ソコマデイウ」は福田がクラックラックに書き下ろした作品です。『ソコマデイウ』に関しては、戯曲完成時に二つのエンディングが存在していました。発売している戯曲にはその上演されなかったもう一つのエンディングも収録しています)(◆登場人物:2人)